ここから本文です

池袋暴走「息子は安倍首相の秘書」は誤情報 国会議員もブログを拡散、謝罪

5/3(金) 17:19配信

BuzzFeed Japan

池袋で親子2人が死亡した暴走事故をめぐり、運転手だった男性(87)の息子が「安倍晋三首相の政策秘書」だったという話がネット上で拡散している。結論から言えば、これは誤情報だ。にもかかわらず、いったいなぜ情報は広がりを見せているのか。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

東京・池袋では4月19日、旧通産省工業技術院院長だった飯塚幸三氏(87)の運転する乗用車が暴走し、30代の女性と3歳の娘がはねられ死亡。

歩行者が青信号の横断歩道で起きた事故だったが、飯塚氏はけがのために入院し、逮捕はされていない。

この事故をめぐって拡散しているのが、「ほわほわブログ」という匿名ブログの「飯塚幸三の息子は安倍晋三の政策秘書?孫はレイプ犯」という記事だ。

ネット上の情報を継ぎ合せ、安倍首相の政策秘書だった飯塚洋氏が、運転していた飯塚幸三氏の息子であるという「情報を入手」した、としている。

根拠は「年齢差」

その根拠は名前とともに、二人の「年齢差」だった。

Twitterなどで指摘されていた二人の「現在の年齢」(62歳、87歳)を引用しながら、「親子関係に信ぴょう性が持てますね」「安倍政権下で手厚く保護される理由も納得できる」などと記していた。

さらに、週刊ポストが2006~07年にかけて、飯塚洋氏について報じた複数の内容を引用。その息子が起こしたとされる事件などに触れながら、「飯塚家の不祥事」などとまで言い切った。

この情報はネット上で大きく拡散。計測ツール「BuzzSumo」を用いて調べたところ、TwitterとFacebookで1万5千近くシェアされていた。

衆議院議員の柚木道義氏(無所属)も記事を引用し、「以下の記事事実なら(ママ)平成の安倍政治の負の遺産を令和に持ち越すのは本当に終わりにしたい」などとツイートしていた。

父親は別の人物

ただ、「息子である」という情報は誤りだと言える。

そもそも、この飯塚洋氏について報じた週刊ポスト(2007年4月13日号)の記事では、以下のように記しているのだ。

「父の光氏は千葉県東金市で市議会議長も務めた地方政界の大物だった」

(安倍首相に)「いずれは父親を継いで選挙に出るからもう少し続けさせてほしい、と頼み込んだ」

ここで洋氏の父として名前があがった飯塚光氏は、元東金市議長。2014年に亡くなっている。

ブログが引用したり、ネット上で拡散したりしていたポストの画像はひとつめの文章の部分が欠けており、見えなくなっていた。それもあって、誤情報の拡散に拍車がかかった可能性が高い。

当該ブログはすでにタイトルを「飯塚洋は飯塚幸三の息子ではなかった?」と変更。「こちらの情報は誤りだった可能性が高まっています」「同じ飯塚姓=親戚関係?」などと修正、加筆している。

また、記事を拡散していた複数のアカウントも、ツイートを相次いで削除。柚木議員もお詫びした。

1/2ページ

最終更新:5/3(金) 19:04
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事