ここから本文です

進む未婚化、40代~60代の未婚男女が考える理由の1位とは?

5/3(金) 11:00配信

LIMO

晩婚化が進んでいる現在、「10代で結婚した」と聞くと早いように感じる方も多いのではないでしょうか。時代とともに、結婚に対する価値観もずいぶん変化してきました。

いまの10代の人は、「結婚」や「夫婦」に対してどのような考えをもっているのでしょう。日本で進んでいる未婚化についても、あわせてお伝えします! 

10代の結婚観とは

日本財団が全国の未婚の17歳~19歳男女800人に対して実施した「18歳意識調査」をみてみましょう。「あなたは将来、結婚したいですか?」という質問に「結婚したい」と回答した割合は、男性72%、女性77.8%という結果でした。

「結婚したい」と回答した人の自由回答には、「ずっと1人は嫌だ。未婚は生きづらいと思う(女性)」「彼女とならこの先50年以上共に生活していけるから(男性)」「しあわせな家庭をつくりたいから(男性)」というような声が寄せられました。このことからも、「結婚=幸せ」と捉えている様子がうかがえますね。

また、恋愛結婚を望む割合が8割を占めているのに比べ、お見合い結婚を望んでいる人は0.3%でした。この結果からも、「結婚は好きな人とするもの」と捉えている男女の多さが分かります。

その一方、「結婚したくない」と回答した男女のなかには「一緒に住むのはだるいし、子供できたら金かかるし、相続とか税とかめんどいし…(男性)」「今のところ、自分の性格に問題がありすぎて一生同じ誰かと過ごせる気がしない(女性)」といった声が挙がりました。結婚により自由を失いたくない、人との共同生活に抵抗があると感じるようです。

とはいえ、男女ともに7割以上が「結婚したい」と考えているという結果からは、「いまの10代がそこまで結婚に消極的というわけではない」といえるのではないでしょうか。

未婚化を考える

その一方、最近の日本では「未婚化」が問題視されつつあります。この背景を、40~64歳の男女1万2,000人に対して行った明治安田生活福祉研究所の「人生100年時代の結婚に関する意識と実態」からみてみましょう。

この調査の結果、40代~60代の未婚男女が考える理由の1位は「結婚はあくまでも選択肢のひとつであって、結婚を望まない人が増えてきたから」、2位は「社会全体の雇用・収入が良くない」という内容でした。

以前までは「結婚して、子どもを授かり、自分の家を持つことが幸せ」と広く考えられていましたが、近年の社会構造の変化によって幸福観や結婚観の多様化が進んでいます。こさまざまな価値観が入り混じる現代。「結婚なんて」「未婚なんて」と批判し合うことなく、「幸せにはいろんな形があるのだ」と捉えておきましょう。

1/2ページ

最終更新:5/4(土) 14:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事