ここから本文です

<仮面ライダージオウ>「キバ」編突入で松田賢二出演 杉田智和が仮面ライダーギンガに!? 脚本は井上敏樹

5/4(土) 20:30配信

まんたんウェブ

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの最新作「仮面ライダージオウ」に、2008~09年に放送された「仮面ライダーキバ」でウルフェン族のガルル/次狼を演じた松田賢二さんが出演することが4日、分かった。松田さんは、「仮面ライダーキバ」編が描かれる12日放送の第35話、19日放送の第36話に出演。キバ編には、宇宙からの新たな仮面ライダーである仮面ライダーギンガが登場し、「仮面ライダーキバ」でキバットバットIII世の声優を務めた杉田智和さんが仮面ライダーギンガの声を担当することも明らかになった。「仮面ライダーキバ」のメインライターを務めた井上敏樹さんが脚本を担当し、同作の演出を担当した田村直己さんが監督を務める。

【写真特集】宇宙から参上! 仮面ライダーギンガ参戦! 高橋ユウ、釈由美子も

 さらに、アナザーキバにされてしまう女性・祐子役で釈由美子さんが出演するほか、「仮面ライダーキバ」で現代編のヒロイン・麻生恵の母親で、過去編のヒロイン・麻生ゆりを演じた高橋ユウさん(「仮面ライダーキバ」出演当時は高橋優)がカメオ出演することも発表された。

 「仮面ライダージオウ」は、主人公・常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ、奥野壮さん)が、これまでの「平成仮面ライダー」シリーズの仮面ライダーの力を使って戦う。「キバ」編は、無実を訴えながらも殺人の罪で刑務所に収監されている祐子(釈さん)がオーラ(紺野彩夏さん)によってアナザーキバにされてしまうところから始まる。祐子は、自分の冤罪(えんざい)を晴らすことができなかった弁護士などにアナザーキバの力を使って復讐(ふくしゅう)。自らは「いずれはこの世の女王となる」と冷酷な権力者となり、これまでのアナザーライダーと違いタイムジャッカーのオーラでさえも敵に回す。

 祐子/アナザーキバを倒すため、ソウゴらも参戦するが、実は祐子はソウゴが幼い頃に出会った初恋の人だったことが分かり、ソウゴに初めて迷いが生じる。キバの僕(しもべ)でもあるガルル/次狼(松田さん)はアナザーキバの祐子を守ってきたが、祐子から危険な匂いを感じ取り、初恋の人に心を許すソウゴに忠告し……という展開。ガルル/次狼は、ストーリーのキーマンになるという。

1/2ページ

最終更新:5/4(土) 20:30
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事