ここから本文です

はあちゅうさん 「ファッション妊活」批判に悩む日々 救いの言葉に「涙溢れそう」

5/4(土) 11:41配信

デイリースポーツ

 ブロガーのはあちゅうさんが4日、ブログを更新し、妊活の記事を批判されたことに対して、担当編集者から受けた言葉に救われたことを明かした。

 これまでブログで妊活についてや妊婦生活について自身の経験を踏まえて情報を発信してきた。しかし、妊活公表から妊娠公表までの期間が短いことなどから批判的な意見も寄せられたという。「この間、妊活に関する取材の時、ファッション妊活だという批判を受けた話をしたら、編集者さんが『あれだけのコンテンツを毎日発信し続けるモチベーションが、お金儲けだとか話題づくりだと思う人は、自分でコンテンツを作ったことの無い人です。ちゃんと読んでる人には届いてます』って言ってくれて、涙が溢れそうになった」と説明した。

 はあちゅうさんは2018年7月にセクシー男優・しみけんと事実婚の手続きを取ったと公表。その後、妊活を経て今年3月に第1子妊娠を公表している。

 これまで「マタニティマークのデメリットを書いた回には、妊娠への不安を煽ってると言われ メリットを書いた回には、いいことばかり書かないでほしいと言われ…(もちろん、嬉しいコメントのほうが圧倒的に多いんだけど、どうしてもマイナスコメントがぐさっと来てしまうので…魚の小骨が喉にひっかかった時みたいにずっと考えちゃうんですよね)」など、発信した情報に批判的なコメントが寄せられたという。

 悩みを吐露しながらも「誰かの言葉で傷つくこともあるけれどそれを救ってくれるのもやっぱり誰かの言葉だな、と思いました」としみじみ。編集者からは「自分が愛情を込めて描いているものに自信を持っていいと思いますよ、って言って貰えた」と励まされたと感謝していた。

最終更新:5/4(土) 12:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事