ここから本文です

子どもにも人気 辛くないスパイスカレー 満席サロン秘伝レシピを紹介

5/4(土) 18:10配信

Hint-Pot

 子どもの食が細い、好き嫌いが激しくて野菜を食べない、味へのこだわりが強い……。毎日の献立を考えるのは大変で、悩みは尽きないものですよね。おいしい食事を作りたいけれど、品数をたくさん作ったりするのは大変だし、後片付けも面倒。そこで、子ども大人もおいしく食べられるオリジナルスパイスを使ったカレーのレシピを、タイ古式セラピーサロンでインドのアーユルヴェーダにも詳しい「ふくろう堂」のセラピストちえさんに、教えてもらいました。

【画像】スパイスの話…  カレー粉は絶妙なブレンドスパイス

 ◇ ◇ ◇

GWにいかが? 自家製のオリジナルスパイスを作って親子で本格カレーを楽しもう

 ちえさんは、サロンでもインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」などを取り入れた施術やワークショップを行っています。なかでもお手製スパイスを使った「カレーをいただく会」は毎回すぐに満席になるほどの人気。

「辛いものは苦手でも多くのお子さんはカレー味が大好き。子ども向けに辛くないスパイスの配合を知っておくと便利ですよ」と言います。オリジナルのミックススパイスを作るというと、とってもハードルが高い印象を受けますが、実は簡単。いったん作り方を覚えておけば、なにかと献立のバリエーションが広がりそうです。連休にじっくりとスパイスからカレーを作って、家族で楽しみたいですね。

自家製ミックススパイスは1日置いてから調理に使う方が美味

 それでは、秘伝のミックススパイスの作り方を紹介します。「基本のスパイスは3種類ですが、他にもお好みの分量でシナモンパウダーやジンジャーパウダーなど追加してもよいですよ。お気に入りのマイミックススパイスの味を見つけてみてはいかがですか」とちえさん。“我が家”のスパイス配合を研究しても楽しそうです。

〇自家製ミックススパイス
【材料】(作りやすい分量)
クミンパウダー 大さじ3
ターメリックパウダー 大さじ3
コリアンダー 大さじ3
食用油(香りが強くないサラダ油や太白ごま油など) 大さじ1

【作り方】
1、鍋に油を入れて火にかけ、クミンパウダー、ターメリックパウダー、コリアンダーを入れて炒める
2、全体的に混ざったら火から下ろし冷まして、密封容器に入れる。すぐに使ってもよいが、1日置くと味が馴染んでよりおいしい

〇野菜たっぷりキーマカレー
【材料】(4人分)
油 大さじ3
クミンシード 大さじ1
ローリエ 1枚
※鷹の爪(辛さを出したい場合)1本

玉ねぎ(みじん切り) 1個
にんにく・しょうが(すりおろし、またはみじん切り) 各ひとかけ分
トマト(1cm角に切る)中サイズ 1個
※あれば良い野菜
ニンジン、ピーマン、シメジなど、それぞれみじん切り
豚ひき肉 300g
ひよこ豆、グリーンピース、大豆などの水煮缶 1缶
自家製ミックススパイス 大さじ3
ケチャップ、中濃ソース 各大さじ1
塩、こしょう 各1つまみ
しょうゆ 小さじ1

【作り方】
1、鍋に油を入れ、弱火~中火にかけ、クミンシード、ローリエを入れる。※大人用として作る際は、鷹の爪(1本)を入れてもよい
2、1のクミンシードがぱちぱちと音を立て、香ばしい香りがしてきたら、玉ねぎを加える。透明になり、ほんのり焦げめがつくくらいまで炒めたら、しょうがとニンニクを加える。香りがたってきたら、トマトなど他の野菜と豚ひき肉を入れる
3、豚ひき肉に火が通ったら、自家製ミックススパイスを入れる。水(大さじ2)を加え、ふたをして弱火で15分ほど煮込む。焦げ付かないように時々様子を見ながら水分が足りなそうだったら大さじ1程度の水を加える
4、豆の水煮、ソースとケチャップ、塩、こしょう、しょうゆ、あればガラムマサラ(子どもも食べる場合は唐辛子、カイエンペッパーが入っていないもの)を入れる。全体を混ぜローリエを取り出したら完成

1/2ページ

最終更新:5/4(土) 19:02
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事