ここから本文です

【バレー】東レ、JT、岡山、日立が4強入り。元全日本のデンソー・石田瑞穂らコートを去る。第68回黒鷲旗女子準々決勝の結果

5/4(土) 23:51配信

バレーボールマガジン

 第68回黒鷲旗全日本男女選抜大会は4日、丸善インテックアリーナ大阪で準々決勝の試合が行われた。
 女子の4試合は東レ、JT、岡山、日立の4チームが勝利し、準決勝に駒を進めた。引退を発表しているデンソーの石田瑞穂ら4選手、埼玉上尾の丸山裕子らは準々決勝が最後のコート上での姿となった。
 5日の準決勝は、JT対東レ、岡山対日立の2試合が行われる。

【準々決勝の結果】
東レアローズ (C組2位) 3(25-18、25-17、25-23)0 埼玉上尾メディックス(D組1位)
JTマーヴェラス(A組1位) 3(27-29、25-20、28-26、25-20)1 トヨタ車体クインシーズ(B組2位)
岡山シーガルズ(C組1位) 3(25-21、25-17、17-25、25-16)1 NECレッドロケッツ(D組2位)
日立リヴァーレ (A組2位) 3(25-20、20-25、28-26、25-22)1 デンソーエアリービーズ(B組1位)

【準決勝の組み合わせ】※5日午前10時よりスタート
JTマーヴェラス 対 東レアローズ
岡山シーガルズ 対 日立リヴァーレ

最終更新:5/4(土) 23:51
バレーボールマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事