ここから本文です

地震で揺れる高層ビル屋上からプールの水がひっくり返る

5/4(土) 19:11配信

ギズモード・ジャパン

まるでタライをひっくり返したような勢い。

4月23日(火)の朝、フィリピンをマグニチュード6.3の地震が襲いました。各所で映像が報じられてますが、そのうちもっとも奇妙なのはマニラのBinondo地区にある超高層ビルから流れ出ているこの水の映像でしょう。地元の報道によると、水はペントハウスのプールからのものとのこと。

【記事の動画】地震で揺れる高層ビル屋上からプールの水がひっくり返る

Anchor Skysuitesと呼ばれるこの建物は比較的新しく、2015年に正式オープンしました。この地域でもっとも高い建物の1つで、世界中の中華街にある建物の中でももっとも高い建物として知られています。

この映像は、Michael Rivoによるもので、地震の様子を捉えた数多くの映像のうちの1つにすぎません。別の映像では、水が流れ落ちるにつれて建物の反対側の角度が示されています。幸いにも、今回の地震が津波につながることはありませんでした。

Manila Bulletin Onlineは2つの映像を公開しています。Anchor Skysuitesの全高は625フィート(約190m)、水がその半ばで霧散しているのがわかりますね。

地震はマニラの北西約37マイルのところで発生し、これまでに少なくとも5人が死亡しました。地元の空港ターミナルは閉鎖され、地域の交通機関に混乱が生じています。

この地域では頻繁に地震が発生していますが、今回の地震は過去のものほど壊滅的なものではありませんでした。 1976年にこの地域で発生したマグニチュード7.9の地震では、約4,791人が死亡し、1990年のマグニチュード7.8の地震では1,666人が死亡しています。

Source: Filipino Times, YouTube

Matt Novak - Gizmodo US [原文] ( ヤマダユウス型 )

最終更新:5/4(土) 19:11
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事