ここから本文です

家にまっすぐ帰らない「フラリーマン」を待つ「ワンオペ妻」のいら立ち

5/5(日) 19:45配信

LIMO

「働き方改革」によって、残業への風当たりが強まっています。以前なら、深夜までついていたオフィスの照明や空調が、一定の時間になると消される会社さえあります。

厚生労働省は「働き方改革特設サイト」を設けており、残業の削減などに焦点を当てた施策は、国をあげたものになっています。サイト内では、その目指すところは企業の生産性の向上によって「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」に対応することだと書かれています。そのためには、誰もが働きやすい環境を整えること、男性の育児参加比率を高めることが大切……ということになるのでしょうか。

とはいえ、適切な業務量の設定、時間管理に迫られる管理職の負担、育児中の社員が休んだときの対応など、「残業をなくせば全て解決」というわけにはいかないのが現実。また、育児・家事の負担が女性に過重にかかっている現状は、男性社員の残業時間削減によって解決するかと言えば、事態はそれほどシンプルではありません。

退勤後の寄り道スポット「コンビニ」「本屋」「居酒屋」が人気

「うちの夫、昔より残業時間は減ったし、退社時に“これから帰る”という連絡をくれるのはいいけど、そこからが長いの。会社から自宅は50分のはずなのに、なぜか1時間半以上かかることがあって。こちらは、帰宅時間を逆算して家族そろってご飯を食べられるように夕飯を食卓に並べてるのに、子どもが“お腹が空いた”ってギャーギャー泣くのが苦痛。こちらも仕事で疲れているからイライラしちゃって。いったい何してるのやら」

こう語るのは、働きながら子育てをする女性Aさん。

今年の初めにSMBCコンシューマーファイナンスが行った「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」によれば、「仕事が終わってもまっすぐ帰宅はせず、ブラブラ寄り道をしながら帰ることがある」と回答した男性は、54.1%。女性は43.7%という結果になっています。

一方で、「家事(または家事・育児)の負担は自分に過度に集中していると思うか」という回答に対して76.0%の女性が「非常にそう思う」「そう思う」と回答。男女の一定数が寄り道経験はあるものの、家事や育児の負担は女性側にのしかかっているようです。

ちなみに、同調査によれば寄り道をする男性242人の寄り道先として多かった場所は以下の通りです。

【仕事が終わった後、ブラブラ寄り道しながら帰るとき、どこに寄ることが多いか】

1位・・・コンビニ(59.9%)
2位・・・本屋(31.8%)
3位・・・居酒屋・バー(19.4%)
4位・・・家電量販店(18.2%)
5位・・・ファーストフード店(16.9%)

6位以降は、「パチンコ・スロット店」「カフェ・喫茶店」「ネットカフェ・漫画喫茶」などが続いています。

この少ないデータだけで断定することはできませんが、「定時で会社をあがったら、まっすぐ家に帰るのはもったいない」というマインドを持っている男性は一定数いると仮定できるのではないでしょうか。

1/3ページ

最終更新:5/6(月) 11:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事