ここから本文です

谷繁氏、燕・村上は「打席での雰囲気が良くなってきた」

5/5(日) 13:49配信

ベースボールキング

 開幕当初は安定感を欠いた打撃が目立ったプロ2年目のヤクルト・村上宗隆だが、日に日に一軍の投手に対応してきている印象だ。

 4日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 野球がなければ、ラジオじゃない!』に出演した谷繁元信氏は、村上について「打席でのたたずまいというか、雰囲気がスゴク良くなってきましたよね」と打席内での変化を感じたという。

 また、谷繁氏は「プロのスピードにかなり慣れてきたように感じます。半速球の甘いボールを上手に打つバッターなんですけど、ストレートがなかなか捉えきれていなかった。ストレートを先日レフトにホームランを打ったり、かなり対応できるようになってきましたね」と一軍の投手に慣れてきたことが、確実性が上がってきた要因ではないかと分析した。

 村上はここまで打率.250、ホームランはチームトップタイの8本塁打、打点もリーグ5位の21打点を挙げている。

※成績は19年5月4日時点

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

最終更新:5/8(水) 13:30
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事