ここから本文です

阪神・福永 今季初マウンドで存在感 青木、山田を空振りK 1回無失点

5/6(月) 20:08配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト-阪神」(6日、神宮球場)

 存在感を示した。先発・青柳のあとを受けて、五回に今季初のマウンドに上がった福永春吾投手(24)が1回を無失点に抑える好投を見せた。

 いきなり先頭の太田に左前打を浴びるも、続く山崎をバント失敗の捕邪飛。さらに青木、山田を連続で空振り三振に斬った。最速148キロの直球にスライダー、フォーク、シュートの変化球もさえ、堂々たるピッチングを披露した。

 福永は2016年ドラフト6位の3年目。1年目は1試合、2年目は2試合の登板で、防御率はそれぞれ11・25、22・50と1軍では結果を出せていなかった。

最終更新:5/6(月) 20:12
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(火) 15:50

あなたにおすすめの記事