ここから本文です

レアルはマリアーノの2得点で打ち合い制す!ベイルは事実上の来季戦力外通告

5/6(月) 8:21配信

SPORT.es

日本時間5月5日23:15からラ・リーガ36節、レアル・マドリー対ビジャレアルの一戦が行われ、3-2でマドリーが勝利を収めている。

ジダンが問題児ベイル含む“注目の3選手“について言及

マドリーは直近6試合でカリム・ベンゼマ以外の選手はノーゴールと攻撃に大きな課題を抱えている。そんなベンゼマもこのゲームは怪我で不在の中迎えた一戦。
そしてガレス・ベイルはメンバー外となり、事実上の来季戦力外通告をジダンは伝えた。

マドリーは開始2分、ブラヒムが相手陣地の高い位置でボールを奪いに行き、溢れたボールをマリアーノが拾ってドリブル開始。相手DFも対応しにカバーに回るが追いつかず、マリアーノが先制ゴールを挙げた。(1-0)

幸先いいゴールを奪ったマドリーだが、ビジャレアルも黙ってはいない。前半11分、マドリー陣地でボールを持つカゼミーロにプレスをかけに行ったビジャレアル。溢れたボールをジェラール・モレノが決め、同点に追いつく。(1-1)
前半早々打ち合いとなったこのゲーム。全く同じような形でお互いが先制ゴールを挙げている。

前半41分マドリーが追加点。ショートコーナーからマルセロがミドルシュートを放つ。クリアしきれなかったボールをバジェホが詰めて前半のうちに追加点を奪った。バジェホはこのゴールが今季初得点。(2-1)

後半始まってすぐ、マドリーが突き放す。
右サイドを裏をついたカルバハルが速いクロスを上げる。中にいたマリアーノがこの日2点目を奪った。(3-1)

試合終了間際にショートカウンターからビジャレアルが1点を返すが、力及ばずマドリーが勝利を収めている。

SPORT.es

最終更新:5/6(月) 8:21
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事