ここから本文です

【バレー】東レが日立をストレートで下し、9年ぶり5回目の優勝。黒鷲賞にヤナ・クラン、若鷲賞は石川真佑 第68回黒鷲旗女子決勝

5/6(月) 20:04配信

バレーボールマガジン

 第68回黒鷲旗全日本男女選抜大会は6日、丸善インテックアリーナ大阪で女子決勝戦、東レアローズ対日立リヴァーレの試合が行われた。

 東レは、日本代表の活動でエース・黒後愛と正セッターの関菜々巳を欠きながらも、チームスローガンである「執粘(しゅうねん)」の言葉通り、粘り強いバレーでヤナ・クランにボールをつなげた。また、ルーキーで日本代表男子エース・石川祐希の妹としても注目されている石川真佑も黒後が抜けたポジションに入り、174cmという小柄な体格ながらパワフルな攻撃で活躍した。

 対する日立も日本代表でベテランセッターの佐藤美弥ら3選手が不在の中での戦いとなったが、渡邊久惠、上坂瑠子の両エースが活躍して応戦。どのセットも接戦となり、第2、第3セットはデュースにもつれこんだが、結果的に、25-23、31-29、26-24のストレートで東レが勝利し、9年ぶり5回目の優勝を果たした。

 個人賞はMVPの黒鷲賞にV1リーグ準優勝の原動力でもあるヤナ・クラン、新人賞の若鷲賞には石川真佑が輝いた。

【最終結果】
 優勝:東レアローズ
 準優勝:日立リヴァーレ
 3位:JTマーヴェラス
 3位:岡山シーガルズ

【個人賞】
 黒鷲賞:ヤナ・クラン(東レ)
 敢闘賞:渡邊久惠(日立)
 若鷲賞:石川真佑(東レ)
 ベスト6:大野果歩(東レ)、ヤナ・クラン(東レ)、石川真佑(東レ)、渡邊久惠(日立)、上坂瑠子(日立)、田中瑞稀(JT)
 ベストリベロ:水杉玲奈(東レ)

最終更新:5/6(月) 20:04
バレーボールマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事