ここから本文です

【特集】「間違いなくルール違反」バーベキューデリバリー業者に“怒り“のワケ

5/7(火) 14:14配信

MBSニュース

連休中、友達や家族とバーベキューをしたという人も多いかと思いますが、バーベキューの食材やコンロ、テーブルセットなどを会場まで持ってきてくれる便利なデリバリー業者に対し怒っている人たちがいます。いったいどういうことなのでしょうか?

「バーベキューデリバリー業者」に怒りのワケ

史上空前の10連休となった今年のゴールデンウイーク。公園や河川敷には、あちこちでバーベキューを楽しむ大勢の人たちの姿がありました。取材班が向かったのは、大阪府が管理する豊中市の服部緑地公園。バーベキューを楽しむ男性に何時に来たのか聞いてみると…

「場所取りで午前4時。早く来ないと場所なくなるかなと思って」(男性)

野外で気持ちよくべーべキューをするために一番大切なことは「場所取り」です。午前11時になると、所せましと色とりどりのテントで公園中が埋め尽くされてしまいました。そして、出遅れた人はというと…トイレの前にシートを広げていました。

「端に追いやられた感じ、それくらい人が多かった。なんだかんだここでもいいですね。一番トイレ近くていいですよ」(男性)

しかし、最近は“便利なサービス”を利用するバーベキュー客が増えています。

「午前11時に来ました。(Q.場所取りは?)業者がやってくれました。自分らだったら大変だと思います。業者に頼む方が楽だと思う」(男性)
「炭とか食材とかも全部セットで(用意してくれる)。便利ですね」(女性)

それは、準備作業から片付けに至るまで代わりに全てやってくれる「バーベキューのデリバリー業者」です。アウトドアブームに乗り、一挙にその数が増えました。そのサービスはというと、場所取りからバーベキューコンロやテーブルセットの貸出。さらに、肉や野菜などの食材を現地まで持ってきてくれるほか、炭に火をつけてくれたり皿やコップのセッティングまで至れり尽くせりです。そして、バーベキューが終わった後も面倒な後片付けやゴミの始末まで全て代行してくれます。

1/3ページ

最終更新:5/8(水) 9:44
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事