ここから本文です

【特集】「間違いなくルール違反」バーベキューデリバリー業者に“怒り“のワケ

5/7(火) 14:14配信

MBSニュース

「ゴミは持ち帰る」のが原則なのに…

ところが、この便利なデリバリー業者に対し怒りを露わにする人が。近くに住むAさんです。最近、公園である光景を目にしたと言います。

「もうえげつないなーって。業者さんが捨てているのを見たのは、大きな網がかかっているゴミステーションに、白いゴミ袋に入れたやつをボンボン捨てていた」(Aさん)

デリバリー業者が、公園に設けられたゴミ捨て場に大量のゴミを捨てていたというのです。

「最初見た時はびっくりしたんですけど、最近はもう日常的に捨てているので、感覚が麻痺してきましたね。(Q.どういう時に見た?)夕方と、金曜日とかは夜中に捨てているのを見ました」

業者のゴミ出しに疑問を抱いているのはAさんだけではありません。

「あれは問題やね。本来は『事業ゴミ』やからね。金儲けした後のゴミやからね、当然持って帰るのが普通ですよね。ルール違反ですよ、間違いなく。持って帰ってくれたら一番いいですけどね」(公園事務所のスタッフ)

服部緑地公園では、バーベキューで出たゴミは持ち帰るのが原則です。しかし、どうしてもルールを守らない人のために、数か所だけゴミ捨て場が設けられています。

「昔は園内にたくさんゴミ箱があったんですが、それをいきなりゼロにしてしまうのは難しいので、ゴミ箱の集約化を今図っている。(Q.ゴミは持ち帰るのがルール?)そうです、それは原則です」(服部緑地管理事務所 保坂啓明副所長)

炭も食べ残しも金属製の網も…ゴミステーションは「ゴミの山」

この基本的なルールを無視するデリバリー業者が本当にいるのでしょうか。取材班は様子を見てみることにしました。すると、バーベキュー客が帰途についた午後4時すぎ…

「今、業者がゴミを片付け始めました」(記者リポート)

客がほとんどいなくなったあと、業者の男性がゴミを片づけ始めました。

「ゴミ袋を運び出します。そして、公園のゴミステーションに捨てました」(記者リポート)

業者の男性は、炭のかすや客の食べ残しでいっぱいになったゴミ袋を次々と公園のゴミ捨て場に捨てていきます。さらに…

「網、網だ」(記者リポート)

肉を焼くために使った後の金属製の網や木炭が入っていた段ボールなども、せっせとゴミ捨て場へ運んでいきます。捨てているのは1つの業者だけではありません。複数の業者が、当たり前のようにゴミを捨てていました。

2/3ページ

最終更新:5/8(水) 9:44
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事