ここから本文です

MT車は難しすぎる? 運転免許、あえて「AT限定へ変更」する人の事情とは

5/7(火) 6:02配信

乗りものニュース

MTの教習からAT限定へ移行する人も

 2019年現在、国内販売されているクルマのほとんどは、クラッチ操作が不要なAT(オートマ)車です。国内新車におけるその比率は、2010年代以降、98%以上で推移しています。

【写真】「ガックン」しない? 最新のMT車

 普通免許の「AT限定免許」が登場した1991(平成3)年当時でも、日本ではAT車が年間販売台数の7割を超えていましたが、AT車の普及とともにAT限定普通免許の取得者数も増え、2018年末には約63%を占めます。また、同年に東京都内の指定自動車教習所で普通免許の教習を受けた人においては、約73%がAT限定で卒業している状況です。

 AT限定普通免許の教習は、MT免許と比べ法定の技能教習が3時限短く、値段も1万円から1万5000円ほど安くなります。逆にいえば、その時間と費用をかければMT車も運転できるようになるということ。平和橋自動車教習所(東京都葛飾区)によると、「MTで受講する人は『何かあったときのため、とりあえずMTで取っておけ』と親御さんに言われたから、という理由が大半ですね」といいますが、なかにはMTで受講していたところ、途中でAT限定に切り替えるケースも、年に数例あるそうです。

 平和橋自動車教習所によると、「つまづくのはやはり、クラッチなどの操作です」とのこと。すぐに要領を飲み込む人もいれば、足踏みしてしまう人もいるなど、どうしても個人差が出るといいます。「もちろん経験を積めば慣れてはいきますが、あきらめる方は、技能教習の第1段階で早々にATへ移行する傾向です」と話します。

 MTの普通免許は、トラックなどに乗ることを想定した需要もありました。しかし、2017年に準中型免許が新設されて以降、普通免許で乗れるクルマは、ほぼ乗用車に限られるように。平和橋自動車教習所によると、普通免許をMTで教習する人の比率はさらに減っているといいます。

 ちなみに、AT限定からMTの教習に切り替えることはできません。AT限定で免許を取得したうえで、改めて指定教習所や運転免許試験所における試験に合格し、その限定を解除する必要があります。

1/2ページ

最終更新:5/8(水) 12:46
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事