ここから本文です

教育者・井上秀という女性 新1万円肖像の渋沢栄一の跡継ぎ、日本女子大学校4代目校長に

5/7(火) 11:31配信

丹波新聞

 1万円札の肖像画に採用されることになった渋沢栄一。「近代日本経済の父」として名を残す一方、教育にも熱心に取り組み、日本女子大学校(現・日本女子大学)の設立と運営に多大な貢献をした。昭和6年(1931)4月に日本女子大学校の3代目校長に就任し、その年の11月に91歳で亡くなった。その跡を継ぎ、4代目校長となったのは、人気を博したNHK朝ドラ「あさが来た」のモデルになった女性実業家の広岡浅子に娘のようにかわいがられた井上秀だった。渋沢栄一、広岡浅子と、時代を画した二人の実業家と接点があった井上秀は、どんな女性だったのか。

信長の血を引く最後の姫君 丹波国柏原藩「鶴姫」 非の打ち所がない武家女性

「あさが来た」の広岡浅子に薫陶

 秀は明治8年(1875)、今の兵庫県丹波市春日町に生まれた。生家は大地主だった。地元の小学校を終え、10歳の時、家から10キロ以上離れた氷上高等小学校に進んだ。寄宿舎に入った秀に人生最初の出会いがあった。裁縫の先生で、寄宿生の監督もしていた今井まき子だ。

 京都府立第一高等女学校の出身だったまき子は、秀ら数少ない女子生徒にこう話した。「女に学問などいらないというのは古い考え方です。これからは女子も大いに勉強し、国家に尽くす人にならなくてはいけません。それには私の母校がもっとも良い学校です」。

 第一高女に進みたいと願った秀だが、女子にこれ以上の学問は不要と考えていた父親の反対にあった。

 高等小学校を卒業後、実家に戻り、ひとり悶々としていた秀に理解を示し、第一高女への進学に真っ先に賛成したのは祖母だった。この祖母は、夫と早くに死別したあと、女手一つで一家を営み、5人の子供を育てた村でも評判の“しっかり者”だった。

 父親の反対はなかなかひるがえせなかったが、7月になっても後に引かなかった秀に父親もとうとう折れ、15歳の時、まき子の父親を保証人に京都府立第一高等女学校に進学した。

 中途入学で、しかもレベルの高い学校だったため、とりわけ英語には難渋した。英語の試験は零点ばかりで、自分の無力を思い知った秀だが、へこたれることなく奮起した。英語塾に通い、個人授業を受けるなど英語を猛勉強。その結果、2学期末の試験では百点をとり、首席になった。

 第一高女の同級生に広岡亀子がいた。親友になった亀子から「私の家へ泊りがけで参りましょう」と誘われ、出かけた広岡家で亀子の母、浅子に出会った。

 朝ドラ「あさが来た」の原案本、『小説 土佐堀川』(古川智映子著)にはこうある。

 「浅子は秀のことを、人間は活力が大切であるという自分の主張にぴったりの娘だと思った。秀を手塩にかけて育ててみたいという気持ちが動いた」

 広岡家で浅子を真ん中にして3人で寝たり、3人で膳についたりと、浅子は娘のようにかわいがった。

 浅子が営んでいた九州の炭鉱にも秀を連れて行った。5日間の炭鉱見学の旅を通して秀は、男性と同じ力を持つ女性の姿にふれ、深い影響を受けた。また、浅子は秀に対して「してはいけません」「おやめなさい」と言うことはほとんどなく、「やりましょう」「やりなさい」と励ました。秀はのちに、浅子から「生き抜く力」を授かったと回顧し、「浅子様との御縁で今日の私がある」と感謝している。

1/2ページ

最終更新:5/7(火) 11:31
丹波新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事