ここから本文です

新元号宝くじ発売 売り上げアップに貢献期待

5/8(水) 19:32配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

8日発売になった新しい元号を記念する宝くじ。
減り続けている売り上げへの貢献が期待されています。

『新元号記念くじ』は、1枚200円で1等前後賞合わせて1億円が当たります。
「(新元号のくじは)気持ちがいいですね。当たればなお気持ちいい。夢をみます。それまでが(抽選まで)」(購入者)
しかし、夢を買うといわれる宝くじも近年の売上は減少傾向に。
県によりますとここ10年で25%ほど減っているということです。
「売れてません。きのう(同業者と)話してたんですよ。宝くじが最近売れなくなったねって。みんな関心がなくなったのかね。」(売り場の人)
背景には若い人たちの宝くじ離れがありそうです。
Q最近宝くじ買いました?「いや、全然買ってないですね。当たる気がしません。」(31歳)
「買わないねー当たらないから」(29歳)

ところで、宝くじの売上金の一部が公共事業に使われることはご存知でしょうか。
たとえば去年、熊本ではラグビーワールドカップに向けての経費や少子高齢化対策などにおよそ47億円があてられていて、売り上げの減少は自治体にとっても悩ましい問題なのです。
8日発売の宝くじにも期待がかかっています。

RKK熊本放送

最終更新:5/8(水) 19:32
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事