ここから本文です

トヨタ決算発表 豊田社長が事業方針説明(全文5完)「トヨタは大丈夫」が一番危険

5/8(水) 18:09配信

THE PAGE

 トヨタ自動車は8日午後、2019年3月期決算の説明会を開いた。決算概要の説明後、豊田章男社長が今後の事業方針を説明した。

【動画】トヨタ、2019年3月期の決算発表 豊田社長が事業方針説明

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「トヨタ、2019年3月期の決算発表 豊田社長が事業方針説明」に対応しております。

     ◇     ◇

寺師副社長「戦略を一緒に立てることがとても大事」

寺師:寺師でございます。少し私のほうからもご説明をさせていただきたいと思います。社長の豊田のほうから、先ほどのプレゼンテーションの中にもありましたけれども、コネクティッドシティっていう、いわゆる町づくり、国づくりを考えたときに、われわれはこれまでこういう車を出して買っていただくっていう、そういうようなビジネスのスタイルだったんですけれども、例えばある国の問題を解決するにはモビリティーとしてどういうお役に立てるかっていう、そういう戦略を一緒に立てるっていうのがとても大事だというふうに思います。

 例えば空気、大気汚染の問題。ですからEVを入れたいっていうふうにやりましても、すぐにはインフラの問題でやっぱり入らないということであれば、例えば最初のうちの何年かはハイブリッドを入れましょう。これは例えば30%ぐらいCO2とかいろんなものがきれいになるとすると、電気自動車を10%入れた分と同じぐらいですよね。ですからハイブリッドを当然入れてインフラの準備をしましょうと。

 で、インフラの準備が整い始めたら、まだ少ない間は例えば公営のバスですとかタクシーですとか、そういう公共交通機関からそういう電動車をどんどん入れていって、その分需要をどんどん増やしていって、次の準備をしましょう。

 その次ぐらいから皆さんが買えるようなEVだったりFCVだったりっていう、短期的な戦略ではなく中長期にわたって、どうやってその国を良くしていくのか、地域を良くしていくのかっていう考え方を一緒に相談しましょうよっていうふうに声を掛けていただけるような会社になれば、ますますわれわれは貢献できると。

 全方位の電動車をやるっていうふうに言っておりますので、それぞれの国ですとかそれぞれの地域に合ったいろんな選択肢がわれわれありますので、それを一緒に協力させていただければいいかなというふうに思います。

司会:よろしいでしょうか。それでは次のご質問いかがでしょうか。では前から5番目の今手をあげていただいている方、お願いいたします。

1/5ページ

最終更新:5/8(水) 18:09
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事