ここから本文です

小型機パンクで滑走路閉鎖、福島 全日空便行き先変更

5/9(木) 18:13配信

共同通信

 9日午前11時35分ごろ、福島空港(福島県須賀川市、玉川村)で、パイロット養成事業の飛行訓練で着陸した小型機がタイヤのパンクで動けなくなり、滑走路が約1時間20分閉鎖された。福島県空港施設室によると、この影響で福島空港に向かっていた大阪空港発の全日空機1便が行き先を変え仙台空港に着陸した。

 全日空機には乗客約40人が搭乗。閉鎖解除後に福島空港に向かい、約1時間半遅れで到着した。

 小型機は、パイロット養成会社の「アルファーアビエィション」(東京都港区)の機体。乗っていた教官と訓練生の男性2人にけがはなかった。

最終更新:5/9(木) 18:13
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ