ここから本文です

【映像】咄嗟の判断が米の少年を救う ニューヨーク州の女性バス運転士

5/9(木) 17:17配信

アフロ

 米東部ニューヨーク州ノーウィッチで4月26日、バスの女性運転士の咄嗟(とっさ)の判断と行動で、少年の命が救われた。
 乗客の少年がバスを降りようと、ステップに足をかけた瞬間、運転士のサマンサ・コールさんが「ノーノーノー!」と叫んで、少年の上着を後ろからつかんだ。半開きのドアの外を猛スピードで通過した1台の車に、サマンサさんがクラクションを鳴らした。
 サマンサさんの咄嗟の判断と行動がなかったら、惨事になっていた可能性があったことから、同市はサマンサさんの行動を称賛。車載カメラの映像を公開して、ドライバーに一時停止中のバスを抜く際には徐行と注意を呼び掛けた。
 米国では一時停止中のスクールバスを抜くことは道交法で禁止されているが、サマンサさんが運転していたのがスクールバスではなかったことから、後続車が追い越したものとみられる。

(アメリカ、ノーウィッチ、5月9日、映像:Norwich City School District via Storyful/アフロ)

最終更新:5/9(木) 17:17
アフロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事