ここから本文です

トヨタとパナ、街づくり事業で協業(全文2)同じ悩みを持つ両社

5/9(木) 15:32配信

THE PAGE

 トヨタ自動車とパナソニックは9日午前に開いた記者会見で、街づくり事業に関する合弁会社設立のための契約を締結したと発表した。

【動画】トヨタとパナソニックが協業について記者会見(2019年5月9日)

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「トヨタとパナソニックが協業について記者会見(2019年5月9日)」に対応しております。

     ◇     ◇

多くの仲間といい街づくりをしていく

白柳:私のほうからも、少し説明はかぶるかもしれませんけども、やっぱり街づくりという事業そのものは、事業者だけではなく、やっぱり地方自治体を含めて、さまざまなステークホルダーの皆さんと一緒にやらないと本当にいい街はできないというふうに思ってございますんで、具体的に何かということではございませんけれども、本当に多くのステークホルダーの皆さまと一緒にやっていくことが大変大事だというふうに思ってございます。【昨日 00:24:52】、社長の豊田のほうからも仲間づくりというふうな話がありましたけども、本当に多くの仲間の皆さんといい街づくりをしていくということが大切だというふうに思ってございます。

 それから、トヨタとしてということでございますけども、トヨタ自動車としては、これまで自動車事業、それから住宅事業、そしてモビリティカンパニーに向けてコネクティッド事業と、全てがこのモビリティと融合した街づくりというところには生かされるというふうに認識をしてございますんで、今回、この街づくりを目的とした新合弁会社、大変意義のある会社だというふうに思ってございます。

 で、私どもとしましては、昨日もモビリティ・サービス・プラットフォーマーという言葉がございましたけれども、さまざまなモビリティサービスを通じまして、そこに住む皆さまの利便性・快適性、これを高めることのサービス、貢献をしていきたいというふうに思ってございます。

 例えばMSPF、モビリティサービス・プラットフォーム。これはいろんな利便性につながるサービスを提供できるプラットフォームだというふうに思ってございますし、今、MaaS専用車両でありますe-Palette、こうしたものの開発を進めてございますんで、そうしたものの提供、サービスも含めて、しっかりと貢献をしていきたいというふうに考えてございます。

司会:はい。よろしいでしょうか。はい。次にご質問のある方は挙手をお願いいたします。Cブロック一番前の右から、一番右の端の男性の方。

1/5ページ

最終更新:5/9(木) 15:48
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事