ここから本文です

サヨナラ負けの場面に潜む「痛恨」【タカ番記者の好球筆打】

5/10(金) 9:06配信 有料

西日本スポーツ

9回無死一、二塁、楽天・銀次にサヨナラ打を許し、グラウンドを後にする甲斐野(左奥)

 ◆楽天4-3ソフトバンク(9日・楽天生命パーク宮城)

 2戦連続のサヨナラ負け。移動のバスに乗り込むナインの足取りも自然と重くなる。「何か、10連敗した気分」。球団スタッフがぼそっとつぶやいた一言が、チーム状況を表していた。

 勝敗が決した9回は、まるで対照的な攻撃だった。ともに先頭の4番打者が安打で出塁し、次打者がきっちりつないだ楽天に対し、ホークス側は走者を進めることすらできなかった。

 しかも、楽天は助っ人外国人であるウィーラーが右方向への打球で何とか走者を進めようとする意識が伝わってきた。それが安打という最高の結果を生み出し、サヨナラ勝ちにつながっていった。これは偶然ではなく、必然な気がする。

 さて、この試合は工藤監督の継投に焦点があてられるだろう。なぜ先発大竹を7回で降ろしたのか。甲斐野→森の必勝パターンを“温存”したのなら、同点の9回に甲斐野を起用する必要があったのか。いろいろな指摘が飛び交うと思う。結果的にサヨナラ負けしたのだから、無理もない。 本文:1,091文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:5/10(金) 9:06
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る