ここから本文です

<太川陽介&蛭子能収>“バス旅”2年半ぶりに復活 「うぇーと思いました」

5/10(金) 14:37配信

まんたんウェブ

 俳優の太川陽介さんとマンガ家の蛭子能収さんの名コンビで人気を集めたテレビ東京の人気旅企画「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(2007~17年放送)が、約2年半ぶりに復活することが分かった。このほど、東京都内で行われたバラエティー番組「太川蛭子の旅バラ」(木曜午後6時55分)の会見で発表された。第1弾は16日に放送される。

【写真特集】“バス旅”2年半ぶりに復活! 会見でも“名コンビ”ぶり

 “バス旅”復活について、蛭子さんは「『うぇー』と思いましたね。『またやんのかー』と思って」と話し、太川さんは「僕はとにかくバス旅が終わった時に、周りから本当に『寂しい、寂しい』という声がすごく多かったんで……。また新たに楽しみを提供できるのは僕はすごくうれしかったです」とコメントした。

 「太川蛭子の旅バラ」は4月18日からスタートした番組で、「ローカル鉄道寄り道旅」「蛭子能収のひとり旅」といった企画を放送。新たなラインアップとして、“バス旅”を始動させるといい、16日の放送では、「東北横断!ローカル路線バス乗り継ぎの旅~山形県・余目駅⇒岩手県・宮古~」として、ローカル路線バスを乗り継いで1泊2日で山形県の余目から岩手県の宮古を目指す。今回から、路線バスがつながっていない区間は1万円までタクシー利用が可能となった。ゲストとして、かたせ梨乃さん、中川翔子さんが出演する。

 この日の会見には、太川さんが出席。蛭子さんは他番組のロケ地から中継で会見に登場した。太川さんから番組への意気込みを聞かれた蛭子さんは、「意気込みなんてないよ! 自然にやって自然に終わるだけ。でも見てほしいですね、とりあえずは!」と話した。

 約2年半ぶりの“バス旅”について、太川さんは「地図を見て5分で酔いましたね(笑い)。やっぱり2年半というブランクは長いですね」と苦笑い。視聴者に向けて、「とにかくバス旅が一旦終わったとき、寂しい思いをされた皆さんにまた新しいバス旅を、とにかく楽しい番組を提供したいと思っていますので、ぜひ楽しみに見ていただければと思います」と呼びかけた。16日の放送は2時間スペシャルで、午後6時55分~同8時49分放送。

最終更新:5/10(金) 23:34
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事