ここから本文です

大津事故会見、「園長への質問」は適切だったのか メディア有識者に聞く

5/10(金) 20:06配信

J-CASTニュース

 滋賀県大津市で起きた、保育園児の列に車が突っ込み、子ども2人が亡くなった事故。園児らが通う「レイモンド淡海保育園」の園長らが開いた会見をめぐり、ネット上では議論がさまざまな意見が噴出している。

 なかでも、記者側の姿勢を疑問視する声が相次いだ。J-CASTニュースではメディアの有識者に、記者会見をどう受け止めたのか聞いてみた。

■憔悴した園長先生に...

 事故が起きたのは、2019年5月8日午前中。交差点で右折しようとした乗用車と直進してきた軽乗用車が衝突し、そのはずみで軽乗用車が歩道にいた保育園児の列に突っ込んだ。

 保育園側は当日18時から会見を開き、テレビやネットで中継された。声を詰まらせながら泣き崩れ、憔悴しきっている園長に対し、安全責任を追及するような質問や、出発前の園児の様子などを聞こうとする記者の姿勢について、ネット上では「何の意味がある」「保育園側には何も落ち度はない」「無意味な質問」など、異議を唱える発言が数多く出た。

 記者からの質問は適切だったのか。そもそも、会見を開く必要はあったのか。今回の事故取材に関わったある報道関係者は、「会見は開く必要があったのかといえば、私見では必要あると思う」と理解を示す。「散歩コースは毎日するのかとか、散歩について聞くことは山ほどある。それを聞くことで保育園の管理体制がわかる。逆にみんな保育園は問題なかったと言っているけど、会見を聞いたから問題なかったと言っている」としていた。

大谷昭宏さんの見解は

 ジャーナリストの大谷昭宏さんは10日、取材に対し、次のように指摘した。

  「各番組は記者やキャスターを(会見へ)行かすが、同じ質問でも自分の番組の記者が質問している光景をどうしても撮りたい。質問していないと絵にならないから。いくつも質問があるわけじゃないから、結局、似通ったり意味のない質問をする。このパターンをやめたらどうだろうか。社会部なら社会部から何人か記者を出せばそれで済むはず」

 さらに大谷さんは、あるべき取材の在り方について、次のように語った。

  「毎日、お子さんや保育士と顔を合わせている記者や、家庭を持っている記者、保育園に子どもを通わせたことのある記者なら、『子どもたちがどういう体勢で歩いていたのか』などいろんなことが聞けた。保育園に子どもを通わせたことのあるお母さんスタッフに聞いてみたら、『みんな歩かせたんですか、ワゴンも一緒に付けたんですか』と聞くわけですよ。2歳児だと機嫌よく歩く子と途中でぐずりだす子がいて、必ずワゴンを一緒に連れていく。全員歩かせているとすれば、3人の保育士さんで全部見ていくのは大変だったのでは。2歳児だと歩く子とおぼつかなく歩く子とそれぞれで、逆に(子どもたちを)固めてた結果として、あれだけの事故になってしまったのではとか、いろんなことが聞けたはず。『子どもはどんな様子でしたか』と質問しても、事故に遭うなんてわからないじゃないですか。点々ばらばらに保育園や法人に取材に通ったら向こうも困る。園も対応策取らなきゃいけないので極力、質問する時間を区切ること」

1/2ページ

最終更新:5/10(金) 20:22
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事