ここから本文です

「物盗られ妄想」ではなぜ家族が犯人になるのか【これで認知症介護は怖くない】

5/10(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【これで認知症介護は怖くない】(15)

 認知症の人によくある行動に「物盗られ妄想」がある。認知症の母親が、「財布がなくなっている。誰かに盗まれた」と言いだすケースなどがそうだ。

 財布が見つからない時、「一緒に捜そう」と言ってくれたら、たとえ見つからなくても母親は安心する。ところが、「まだ捜しているの?」とか「どこかに置き忘れたんじゃないの?」とボケ老人扱いしたら、その瞬間に母親の尊厳は粉々に散ってしまうはずである。物忘れはよくないと思われている環境で、物忘れを指摘されたら本人はつらい。素直に「私はボケました」と認めることはないだろう。最初は自分を責めるが、そのうち取り繕おうとする。

 ところが、物忘れを指摘されたら取り繕えなくなってしまい、周囲に「あんたが盗ったんだろ」と責任を転嫁して自分のプライドを維持しようとする。

 物盗られ妄想の悲劇は、「あんたが盗った」という時の「あんた」は、自分がいちばん世話になっている嫁や娘であったりすることだ。

 不思議に隣の人や見知らぬ人が「犯人」になることはまずない。「あんたが盗った」という時の表情が、ある家族が「鬼ババア」と表現するほどものすごい形相だったケースもある。家族は「こんなに世話してあげているのに、泥棒扱いして」と悔しい思いをすることだろう。

 なぜ身近な人を犯人にするのだろうか。連載第7回で「認知症の人は励ましの言葉で傷つく」と述べたが、家族のなにげない言葉や行動で、普段から認知症の人が「叱られている」と感じていたら、「はは~ん、私の財布を盗ったのはあんただな。だから私を責めていたんだ」となって、「あんたが盗った」と反撃するのである。「理由もなく叱る」攻撃に対して、攻撃で返すのは人間の心理としては当然だろう。

 よかれと思って一生懸命に励ます家族ほど攻撃されやすい。ただ、物忘れがあっても周囲が「大丈夫よ」と受け止めてくれる環境であれば、忘れても大切にされていると感じて、攻撃することはないそうだ。

(奥野修司/ノンフィクション作家)

最終更新:5/10(金) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事