ここから本文です

阪神・原口 がん手術後初めて守備復帰「実戦で積み重ねていきたい」

5/10(金) 16:56配信

東スポWeb

 大腸がんからの復活を目指す阪神・原口文仁捕手(27)が10日、ウエスタン・リーグのオリックス戦(鳴尾浜)で手術後初めて捕手の守備に就いた。

 8回に代打で登場し中飛に倒れると、9回の守備でマスクをかぶり石崎とバッテリーを結成。先頭打者の頓宮に安打を浴びパスボールで二進を許したが、後続を打ち取って無失点で終えた。

 久々の守備復帰となった原口は「守備に就けたことはよかった。今日はミスもしたので投手を助けられるように実戦で積み重ねていきたい」と振り返った。

最終更新:5/10(金) 16:56
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ