ここから本文です

大谷 復帰後初安打で笑ったわけ 一塁コーチの絶妙なジョーク

5/10(金) 17:59配信

デイリースポーツ

 「タイガース0-13エンゼルス」(9日、デトロイト)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は「3番・指名打者」で出場し、復帰後初安打となる初回の先制右前適時打を含む4打数2安打1打点、1四球。チームのは大勝に貢献した。

【写真】一塁ベース上で大谷 フェリシアーノコーチと笑顔

 自己ベストにわずかに4キロ足りない初速179キロの打球。強烈な一撃でチームに先制点をもたらした大谷が一塁上で笑っていた。この日まで2戦9打席連続無安打。うれしい1本だったことは間違いないが、笑顔の理由はそれだけではなかった。

 「ちょっとイジってみたくてね、『打ったボール欲しい?』って聞いたんです。初安打のボールは記念に取っておくもの。もちろん、あそこではありえないから彼は笑っていたよ」

 そう話すのはフェリシアーノ一塁ベースコーチだ。大谷が打席に入るタイミングに合わせ、手術した右肘を守る特製プロテクターを用意し、塁上で手渡すのも仕事の一つ。

 「肘を良好な状態に保つことは彼にとってだけでなく、チームにとっても重要なこと。慣れるまで時間はかかるかもしれないけど、着けずに走ることはできない。不可欠なアイテムです」。

 この日の大谷は2本のヒットと四球で計3回、一塁上で右肘に防具を装着した。「彼にとっていい試合になってうれしいですね。これから打席を重ねていけば、自然と出塁数も増えていくと思う。二塁や三塁まで届けに走る準備はできていますよ」。フェリシアーノコーチが大谷の元へ走る日をみんなが待っている。

最終更新:5/10(金) 18:06
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事