ここから本文です

5連敗中のDeNAが宮崎のソロで先制 粘って11球目を左翼へ

5/10(金) 18:33配信

デイリースポーツ

 「広島-DeNA」(10日、マツダスタジアム)

 5連敗中のDeNA・宮崎敏郎内野手が、床田から左翼席に先制の4号ソロを放った。

 初回、1死走者なしの場面。ファウルで粘り、11球目の高めに浮いた145キロ直球を見事に捉えた。今季2度の対戦で、16回を2得点に封じられている天敵から貴重な先制点を奪った。

 宮崎は「ストレートに対してうまく反応することができました。追い込まれていましたが、何とか後ろにつなぐため出塁することを意識していました。先制することができてうれしいです」とコメントした。

最終更新:5/10(金) 18:46
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(水) 19:25

あなたにおすすめの記事