ここから本文です

原燃再処理工場の水漏れ原因発表 点検前の排水が不十分

5/10(金) 15:39配信

共同通信

 日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)で昨年11月、使用済み核燃料プールの水を浄化するポンプの分解点検中に、微量の放射性物質を含む水約20リットルが漏れた問題で、同社は10日、点検前の排水が不十分だったことが原因だと発表した。

 原燃によると、作業員は手順書通り作業したが、想定より多くの水がポンプ内に残っていたため、分解時に水が漏れた。今後は、事前に残っている水の量を算出し、排水した量が十分か確認するという。

 漏れた水に含まれる放射性物質は国への報告基準値以下で、周辺環境や作業員に影響はなかったとしている。

最終更新:5/10(金) 15:43
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事