ここから本文です

『仮面ライダーグリス』犬飼貴丈らレギュラー陣が完全復活

5/10(金) 11:00配信

オリコン

 俳優の武田航平が主演するVシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』のキャスト、ストーリー情報が解禁された。犬飼貴丈らテレビシリーズのレギュラー陣が完全復活。マイケル富岡、趙 珉和のゲスト出演も発表された。

【動画】『仮面ライダーグリス』特報

 本作は、「仮面ライダービルド」の“最終章”。テレビシリーズでは死闘の末、散っていった仮面ライダーグリス。今作では、新世界で復活し、唯一変身し戦えるライダーとして、仲間のため、愛する人のために熱戦を繰り広げる。

 舞台は、人体実験を受けた者にだけ旧世界の記憶が蘇っている新世界。世界征服を狙うテロ組織に襲われ、ヒロイン・石動美空(高田夏帆)がさらわれる。敵を倒すためには仲間(三羽ガラス)の命が必要と告げられる仮面ライダーグリス。迫られる決断! グリスは美空を、そして世界を救えるのか!?

 『仮面ライダービルド』(2017年~18年)で主役を務めて以降、連続テレビ小説『なつぞら』に出演するなど、人気急上昇中の犬飼を筆頭に、赤楚衛二、高田、越智友己、滝裕可里、水上剣星、そして惜しまれつつも退場した三羽ガラス役の、赤羽(栄信)、青羽(芹澤興人)、黄羽(吉村卓也)ら3人も登場。仮面ライダーグリスと三羽ガラスの絆が試されるストーリー展開にも期待が高まる。

 さらに、テレビシリーズでは地球支配を企んでいた最大の敵・エボルトに翻弄されていた、葛城忍(小久保丈二)・巧(木山廉彬)親子も復活。「戦争の兵器をつくらされた」と考える息子・巧は、父親・忍と仲違いしたまま。そんな彼が、今回の戦いに協力する意図にも注目だ。

 ゲストの富岡は、国際同盟の審議官であり、テロリスト集団「ダウンフォール」の一員であるサイモン・マーカスを務める。趙は、連続テレビ小説『てっぱん』(10年)、『黒部の太陽』(09年)など、安定感のある演技力が評価され数々の作品に出演しているが、仮面ライダーシリーズは初出演。復讐心に燃え、恐るべき力でライダーたちに襲い掛かるマッドサイエンティスト・浦賀啓示を演じる。

 Vシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』は、今秋、期間限定上映開始。11月27日Blu-ray&DVD発売。

■ストーリー
 桐生戦兎が創った新世界では、人体実験を受けた者にだけ旧世界の記憶が蘇っていた。ある日、テロ組織に協力し世界征服を狙うサイモン・マーカスと、マッドサイエンティストの浦賀啓示がライダーたちに襲い掛かる。圧倒的な強さになすすべもなく、三羽ガラスは瀕死の状態に。そして石動美空がさらわれてしまう。

 美空を救出し敵を倒すには、ライダーへの変身を解除させる敵の能力がなぜか効かず唯一変身できる仮面ライダーグリスに新しいアイテムを創らなければならない…だがそれには、三羽ガラスの命が必要だった…。

最終更新:5/12(日) 5:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事