ここから本文です

ランドローバー 新型「ディフェンダー」のプロトタイプを公開|2019年後半世界初公開へ

5/10(金) 11:06配信

オートックワン

ランドローバー 新型「ディフェンダー」開発は最終段階に

ランドローバーは2019年4月30日、新型「ディフェンダー」の世界初公開を2019年後半に控え、開発の最終段階となる最終フィールドテストの計画を発表した。

■カッコ良すぎる!? 3年ぶりに復活する新型ディフェンダーの画像を見る(11枚)

フィールドテストはアフリカ野生動物保護組織「タスク・トラスト」の協力のもと、ケニアで実施予定である。
なお、日本における導入時期および仕様については決定次第発表される。

プロトタイプ車両での過酷なフィールドテスト

■あらゆる環境下で4万5000項目以上をテスト
新型ディフェンダーは地球上で最も過酷といわれる環境で4万5000項目ものテストが実施される。ドイツのニュルブルクリンクでのダイナミクス走行に加え、テスト地は英国イーストナーの泥地や米国ユタ州モアブの険しい岩場、50度の高温にもなるドバイの砂丘からマイナス40度の北極圏、米国コロラド州ロッキー山脈など多岐にわたる。

■自然保護を兼ねたケニアでのテスト
今回の最終フィールドテストでは、ユニークなカモフラージュを施した新型ディフェンダーのプロトタイプ車両を使い、1万4000ヘクタールにおよぶケニアのボラナ野生保護区の過酷な地形で一連の実地テストが行われる。
なおテスト内容となっている重量物の牽引や渡河走行、資材の運搬などはランドローバーのグローバル環境保全パートナーであるアフリカ野生動物保護組織「タスク・トラスト」の協力のもと、極めて重要な自然保護活動の支援にもつながっている。

■ランドローバー プロダクト・エンジニアリング担当:ニック・ロジャース氏のコメント
広範囲におよぶシミュレーションやリグテストに加え、あらゆる地形や極限の気候条件下で新型ディフェンダーを120万km走行させ、ランドローバー史上最もタフで走破能力に長けたモデルを目指して開発に取り組んでいます。
このたび、「タスク・トラスト」のサポートにより、ケニアのボロナ野生保護区で貴重なフィールドテストの機会を得ることができました。ランドローバーのエンジニアたちは、この最終テストで新型ディフェンダーが開発目標を達成していると確信することができるでしょう。

オートックワン編集部

最終更新:5/10(金) 11:06
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事