ここから本文です

患者にやけど負わせる…無資格でレーザー脱毛の疑い 院長ら書類送検「簡単で誰でもできるかと」/県警

5/10(金) 7:54配信

埼玉新聞

 看護師などの資格のない従業員にレーザー脱毛施術をさせ、患者にやけどを負わせたとして、埼玉県警生活経済課と蕨署は9日、業務上過失傷害と保健師助産師看護師法違反の疑いで、戸田市の皮膚科クリニック「さかい皮膚科」の男性院長(74)=東京都渋谷区=をさいたま地検に書類送検した。施術をした33~58歳の女性元パート従業員4人も、同法違反の疑いで書類送検した。院長は「看護師を募集したが集まらず、レーザー脱毛は簡単で誰にでもできると思ったので施術をさせていた」と供述しているという。

院長と市職員ら逮捕、保険金をだまし取った疑い 交通事故での通院日数を水増し、保険会社に請求/県警

 院長の書類送検容疑は、無資格の女性従業員らと共謀の上、2015~17年の間、さいたま市南区の女性=当時(28)=ら女性患者4人に対し、計16回にわたって、レーザー脱毛の施術を行ったほか、15年には適正な施術によりけがを未然に防ぐ注意義務を怠って、無資格の従業員にレーザー脱毛施術をさせ、戸田市の男性=当時(46)=の顔に加療約2週間のやけどを負わせた疑い。

 同課によると、16年に被害者の男性から「レーザー脱毛で顔にやけどを負った」との相談があり、県警で捜査していた。県警はこれまでに数回、同医院を家宅捜索し、施術に使われたレーザー脱毛器やカルテなどを押収。15年1月~17年4月までの間、約900人に対してレーザー脱毛施術が行われ、約940万円を売り上げていたという。

最終更新:5/10(金) 7:54
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事