ここから本文です

徳川家広氏の参院選出馬は 宗家当主も”後押し”

5/10(金) 19:29配信

静岡朝日テレビ

夏の参院選で立憲民主党が静岡選挙区へ擁立を調整している徳川家広氏に対し、家広氏の父で徳川宗家当主の恒孝氏が出馬を後押しする考えを示しました。

家広氏の父・徳川恒孝氏:「まだよく聞いてないので分からないが、やるからにはしっかりやれと」

きょう、取材に応じた徳川宗家18代当主の徳川恒孝氏。参院選への出馬が取り沙汰されている息子・家広氏について、このように話しました。

家広氏の父・徳川恒孝氏:「彼(家広氏)がただ選挙に勝って何がしたいというより、もう少し積み重ねていってくれた方がいいと思うが、それがあまり意味のないものだったら別だが、(出馬なら)そういう(応援する)ことになるかもしれない」

関係者によりますと立憲民主党は家広氏に参院選・静岡選挙区への出馬を打診し来週中にも本人が最終判断をするとみられています。

徳川家に近い県内の関係者からは家広氏の出馬に反対の声も出ていますが、きょうの恒孝氏の発言は事実上、出馬を後押した格好です。

改選数2の参院選・静岡選挙区には自民党現職の牧野京夫氏、国民民主党現職の棒葉賀津也氏、共産党新人の鈴木千佳氏が立候補を予定しています。

最終更新:5/10(金) 19:29
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事