ここから本文です

群馬・南牧村で運転手不在のバスが転落 19人けが、うち3人重傷

5/10(金) 17:07配信

AbemaTIMES

 群馬県西部の南牧村で、登山客を乗せたマイクロバスが転落する事故が起こった。

 消防によると10日午後3時前、南牧村にいる登山客から「運転手が不在のバスに乗り込んだら、バスが動き出し転落した」と119番通報。マイクロバスには約20人が乗っていたとみられ、このうち19人がけがをし、3人が重傷だということだ。消防はヘリコプターや救急車でけが人を病院に運んでいる。

 警察によると乗っていたのは登山客で、マイクロバスは登山用にチャーターされたものだったという。

 事故があったのは、南牧村にある烏帽子岳の登山口の駐車場だということだ。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:5/10(金) 18:19
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事