ここから本文です

【MLB】ダルビッシュに米メディア辛辣「無安打の時点でブーイング浴びた最初の投手」

5/10(金) 11:25配信

Full-Count

1安打1失点も4回97球で降板、地元メディア「現時点で結果は昨年よりも悪い」

■カブス 4-1 マーリンズ(日本時間10日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)の本拠地マーリンズ戦で4回97球で降板し、今季3勝目を掴むことはできなかった。1安打7奪三振ながら6四球で球数がかさみ、5回のマウンドに上がることができず。チームが4-1で勝利する中、ダルビッシュ自身は白星に届かなかった。本拠地でブーイングが起こる場面もあったが、地元メディアは「無安打の時点でブーイングを浴びた史上最初の投手かも」と伝えている。

【動画】これぞダルビッシュ有…マーリンズ打線相手に“えげつない”変化球で三振を奪った瞬間

 3回に3四球で満塁のピンチを背負うなど、制球に苦しんだダルビッシュ。それでも無失点に抑えていたが、4回はオブライエンに四球と二盗を許し、ヘレーラにタイムリーを浴びて1点差に。これが、この試合初めて打たれたヒットだった。そして、4回で球数が97球に達して降板した。

 地元メディア「NBCスポーツ・シカゴ」(電子版)は「ユウ・ダルビッシュにとって別の日だが同じストーリー」とのタイトルでレポート。「ユウ・ダルビッシュは本拠地で無安打の時点でブーイングを浴びた史上最初の投手の1人かもしれない」と厳しく伝えている。

 記事では「ダルビッシュは木曜日の午後にたった4イニングしか投げられなかったが、被安打はたった1だった。その単打が唯一の失点となったため、ダルビッシュの今季の防御率は5.40に向上した」と指摘。試合前まで5.79だった防御率は確かに5.40へと「向上」している。

 そして、ダルビッシュの苦戦の要因となっている四球の多さについて言及。「昨季MLBでほぼ全ての攻撃の指標で最下位だったマーリンズ相手に、6四球を与え、逆に与四球率は悪くなった。ダルビッシュは今季36回2/3で33与四球としており、これはメジャーワーストである。ダルビッシュは2019年に入る前、通算BB/9が3.4だったが、今季のBB/9は8.1である」。9イニング当たりの四球数は「8.1」と、ダルビッシュがいかにハイペースで打者を歩かせているかを強調している。

「今季のダルビッシュは違うと言われてきたが、現時点で結果は昨年よりも悪い」

 特集ではこう伝えた上で、ジョー・マドン監督はダルビッシュが昨季よりも良くなっていると話していたことを紹介し、「ダルビッシュが次の登板で好投するか見てみよう。彼は来週シンシナティの2試合目に登板する予定である」と締めくくっている。強烈なボールで打者を圧倒する場面も多いだけに、課題は明らか。何とか制球面を改善させたいところだ。

Full-Count編集部

最終更新:5/10(金) 17:46
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/18(金) 8:25

あなたにおすすめの記事