ここから本文です

広島・緒方監督「中盤まであの展開になると苦しい」先発床田6失点KOで貯金ならず

5/10(金) 22:04配信

Full-Count

試合前まで防御率2位だった床田の乱調に指揮官は「全体的に球が高かった」

■DeNA 6-2 広島(10日・マツダスタジアム)

 広島は10日、本拠地マツダスタジアムで行われたDeNA戦に2-6で敗れた。先発の床田が5回7安打5四球6失点で2敗目。打線は今季2試合で得点を奪えなかった今永から田中広が2ランを放ったが、中盤までの失点が大きかった。緒方監督は「今日はたくさん点を取れる投手ではない中で、中盤までにあの展開になると苦しい展開になる」と落胆した様子だった。

【画像】ファン「可愛い」も…野間「チンピラ」 広島・鈴木が幼少期写真を公開

 防御率リーグ1、2位の対決となったが、2位の床田が初回からいきなり失点した。4回には自らのエラーで2点を献上し、5回にも3失点して試合の流れが決まった。緒方監督は「低めに来るボールもあったが、全体的に球が高かった。しっかり修正して次に臨んでほしい」と、チームの勝ち頭である左腕の次回登板に期待した。

 防御率0点台だった今永に7回まで3安打に抑えられた打線では、田中広が20打席ぶりの安打となる本塁打を放った。「(本塁打が)何かひとつきっかけになってくれれば。練習では打撃の調子は戻っている。精神的な部分も回復してくれば、もっと良くなるはず」と指揮官は復調に期待し「守備はしっかり守っている。要だからね」と変わらぬ信頼感を示した。
 
 9試合負けなしだったマツダスタジアムで4月11日以来の敗戦となり、3度目の挑戦となった勝率5割からの貯金生活は、またも実現しなかった。昨季も苦戦した交流戦までに1つでも貯金をしておきたいチームとって、5月の戦いは4連覇への鍵を握ることになりそうだ。

大久保泰伸 / Yasunobu Okubo

最終更新:5/11(土) 1:44
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事