ここから本文です

「初めて見る人ばかり」60~120年に一度? 竹の開花

5/10(金) 12:06配信

佐賀新聞

 佐賀県伊万里市大川内町の久保富士子さん(67)方で、生け垣の竹が花を咲かせた。竹の開花は60~120年に1度といわれるほど珍しく、「私の周りも初めて見る人ばかり」と驚いている。

 竹は久保さんが家を建て替えた23年前に植え、造園業者によると「タイミンチク」という種類。イネ科の植物なので花も稲穂に似ており、長さ3~5センチの花が無数に連なり、先端から薄黄色の雄しべが垂れている。4月末から咲き始めた。

 久保さんは自宅でカラオケ喫茶を営んでいて、客に見せると皆珍しがってカメラに収めている。竹は生まれ変わるために開花後は全て枯れてしまうという。久保さんは「竹にも寿命があったなんて。最後のひと花だったんですね」としみじみと語った。

最終更新:5/10(金) 12:09
佐賀新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事