ここから本文です

バトンが宙に浮いたため 世界リレー男子400失格

5/11(土) 23:08配信

毎日新聞

 陸上の世界リレー大会が11日、横浜市の日産スタジアムで開幕し、男子400メートルリレー予選で、日本(多田修平、山県亮太、小池祐貴、桐生祥秀)は第3走者の小池から最終走者の桐生へのバトンパスでミスがあり、失格となった。

【痛恨のバトンミスをスライドショーで】

 競技規則の170条6(a)に「バトンは競技中手でもち運ばなければならない」とある。第3走者の小池から、最終走者の桐生へバトンパスする際、バトンが宙に浮いて、直接、手渡しできなかったため、失格となった。

最終更新:5/11(土) 23:40
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事