ここから本文です

晩白柚オーナーが受粉作業

5/12(日) 18:37配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

バレーボールほどの大きさに育つ、晩白柚を自分たちの手で育てようという、オーナー制度の受粉作業が12日行われました。

この晩白柚オーナー制度は八代の旅館組合が果樹栽培の楽しさを体験してもらおうと行っているもので県内外から78組のオーナーらが参加しました。

果樹園では、ちょうど晩白柚の花が満開で参加者たちはいい香りのする花に違う品種の柑橘の花粉を綿棒で丁寧に受粉させていました。

この作業は、自分の花粉では受粉が難しい晩白柚の特徴を補い人工的に行うもので果実を実らせるために欠かせない作業です。

参加者たちはこれから摘果や袋かけ作業、さらには収穫まで体験し、お互いの交流を深めるということです。

RKK熊本放送

最終更新:5/12(日) 18:37
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事