ここから本文です

サニブラウンが100m9秒99 桐生に続く日本人2人目の9秒台

5/12(日) 8:43配信

共同通信

 【フェイエットビル(米アーカンソー州)共同】陸上男子のサニブラウン・ハキーム(20)が11日、米アーカンソー州フェイエットビルで行われた大学南東地区選手権の100m決勝で1.8mの追い風を受け9秒99をマークした。桐生祥秀(日本生命)が2017年に出した日本記録に0秒01及ばなかったが、日本人2人目の9秒台となった。

 東京・城西高出で米フロリダ大に籍を置くサニブラウンは10秒05が自己ベストだった。五輪の花形種目で層の厚みを増す男子短距離陣が新時代を迎え、来夏の東京大会へ期待が高まっている。

 世界記録はウサイン・ボルト(ジャマイカ)の9秒58。

最終更新:5/12(日) 9:50
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事