ここから本文です

寺田心 キャリア60年超の冨士眞奈美に褒められモジモジ

5/12(日) 13:31配信

デイリースポーツ

 子役の寺田心(10)が12日、主演映画「ばあばは、だいじょうぶ」の舞台あいさつに出席。役者人生60年超のベテラン女優・冨士眞奈美に「演技派」とベタ褒めされた。

 認知症になったおばあちゃん(冨士)が変わっていく様子を小学生(寺田)の視点で描いたヒューマンドラマ。役作りのために実際に冨士のことを「ばあば」と呼ぶようにしていたという。

 ばあばが認知症になり、徐々に変わっていく姿が衝撃だったというが、「シーンが終わったら優しいばあばに戻る。だからばあば(冨士)はすごいなぁって思いました」とベテランの名演技に感心しきり。

 一方、冨士は寺田が号泣するシーンを例に「練習の時からポロポロ泣いちゃってすごい。この子演技派なのよ!」と太鼓判をおした。褒め言葉とともに頭をなでられた寺田は、相当恥ずかしかったのか体をもじもじ。かわいらしく「そんなことないよ…」と顔を赤らめた。

最終更新:5/12(日) 14:18
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事