ここから本文です

広島が待望の貯金生活!3年目のアドゥワがプロ初完投&初勝利 誠也が決勝3ラン!

5/12(日) 16:31配信

デイリースポーツ

 「広島8-1DeNA」(12日、マツダスタジアム)

 広島が待望の貯金生活。3カード連続の勝ち越しで、開幕戦を勝った3月29日以来の貯金1となった。

【写真】頼れる主砲・鈴木の先制パンチ

 ヒーローは3年目右腕のアドゥワだ。立ち上がりから丁寧にボールを低めに集め、凡打の山を築いた。8安打1失点で、プロ初完投で今季初勝利を飾った。昨季はリリーフで53試合に登板。今季から先発に転向した20歳が、安定した投球を披露した。

 打線も効果的に得点を積み重ねた。一回に主砲・鈴木の11号3ランで先制。二回はアドゥワがプロ初打点となる適時打で加点。三回にはプロ初の6番で起用された磯村の適時打で5点目を奪った。

 四回は菊池涼が犠飛。六回には磯村が2点適時打を放った。磯村はプロ初の猛打賞で、3安打3打点の大暴れ。緒方監督の6番起用がズバリはまった。

 DeNAは2連敗で今季ワーストの借金11。先発京山は3回5失点で4敗目。

最終更新:5/12(日) 16:44
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事