ここから本文です

“リレー侍”不在の男子400メートルリレーは伏兵ブラジルが制す ドーハ世陸、東京五輪へ新ライバル

5/12(日) 21:15配信

スポーツ報知

◆陸上 世界リレー 最終日(12日、神奈川・日産スタジアム)

 男子400メートルリレー決勝が行われ、ブラジルが今季世界最高の38秒05(速報値)で優勝した。米国が38秒07の2位。17年ロンドン世界陸上王者の英国が38秒15の3位に入った。

 16年リオ五輪銀メダルの日本は今大会、10日の予選で3走の小池祐貴(住友電工)と4走の桐生祥秀(日本生命)とのバトンパスにミスが出て失格。決勝に進めなかった。19年ドーハ世界陸上、さらに20年東京五輪へ、今大会表彰台の各国は世界大会初優勝を目指す日本に立ちはだかる強敵となりそうだ。

最終更新:5/24(金) 6:34
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事