ここから本文です

カビが顔や背中、お尻に拡散 =水虫、爪にできると「巣」に

5/12(日) 17:10配信

時事通信

 水虫は日本人の5人に1人が患っていると言われ、現在も増加傾向にあるとされる。カビの一種「白癬(はくせん)菌」が原因の感染症で誰もが知っている病気だが、白癬菌が爪に入り込んでできる水虫「爪白癬」は完治が難しい。爪にできた「巣」から背中やお尻、顔などに拡散してカビが生える場合もある。

 そんな爪白癬に関するセミナーが東京都内で開かれ、埼玉医科大学皮膚科の常深祐一郎教授は「内服薬を使った完全治癒を目指して欲しい」と力説した。

 ◇かゆみはなくても

 白癬菌は皮膚の角質や爪のケラチン(たんぱく質の一種)を栄養にして繁殖する。主な感染経路は自宅の風呂や温泉などにある足ふきマットなど。菌が繁殖している角質がマットに落ち、家人らがこれを踏んで付着したまま長時間放置すると感染する。

 常深教授は「温泉などに入ったら部屋で足を洗ってほしい。そのまま寝ると感染してしまう」と指摘し、普段から足を清潔に保つ習慣が大切だと強調した。

 水虫は、角質層で増殖している間はかゆみがない。このため、治療を怠るケースがあるが、長期間放置すると白癬菌が爪に入り込み、爪白癬を発症する。その後も放置すると爪が分厚くなって変形、歩くと痛かったり、爪が切れなくなったりする。

 ◇免疫が低下すると

 白癬菌は通常、死んだ組織である角質層などから生きている皮膚に入ると免疫活動の影響で死滅するが、高齢者は注意が必要だ。常深教授は「爪白癬を放置していた高齢者の免疫力が弱くなると、お尻や背中などに菌が拡散する場合があります。老人ホームによっては、体にカビを生やしたした入所者が多数います」とした。

 深刻な症状の懸念もある水虫は、足白癬の段階で治療しておきたいが、診断はやさしくない。「問診だけで水虫を湿疹などと見分けるのは専門医でも難しく、かなりの割合で外してしまいます」と常深教授。水虫の外用薬(塗り薬)を他の病気に使うと症状の悪化を招くことがあるため、皮膚科を受診して患部の組織を顕微鏡で検査、診断してから治療に入るよう促している。

1/2ページ

最終更新:5/12(日) 19:58
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事