ここから本文です

柴崎とフラミニがバルサ戦先発へ、ヘタフェはクラブ史上初の快挙へ大一番

5/12(日) 9:01配信

SPORT.es

12日(日)18:30[日本時間13日1:30]よりカンプ・ノウで開催されるFCバルセロナ対ヘタフェ戦では、日本代表MF柴崎岳とフランス人MFマテュー・フラミニがMFブルーノ・ゴンサレスとFWハイメ・マタの代わりに起用される。

柴崎岳 日本人2人目の偉業

今シーズン16ゴールを挙げたスター選手ハイメ・マタは累積警告により出場停止処分を受けている。また今季計22試合に出場しているブルーノ・ゴンサレスも同様に出場停止処分を受けている。

この2人の代わりに起用されるのが、ジローナ戦では出場しなかった柴崎岳とマチュー・フラミニである。

今シーズン、ヘタフェで柴崎の存在感は薄く、わずか5試合でしか起用されていない(うちスタメン出場4試合)が、シーズン最終盤にして徐々に出場の機会を与えられている。柴崎にとってバルセロナ戦は自身の生き残り、または新たな移籍先から注目されるためのアピールの場となる。

またフラミニは冬の移籍市場で加入したが、これまでにリーガ10試合、コパ・デル・レイ3試合に出場している。

監督の判断により選手リストにはGKルベン・ジャニェスの名は無い。またポルトガル人左SBヴィトリーノ・アントゥネスとMFマルケル・ベルガラも負傷によりこの試合を欠場する。

現在4位のヘタフェにとってバルセロナ戦の勝利は大きな意味を持つ。バルサを下した場合、クラブ史上初となるUEFAチャンピオンズリーグ出場に大きく前進することを意味するからだ。バレンシアとセビージャと熾烈なヨーロッパ最高峰の切符を争っているヘタフェは、リヴァプールでの失態を引きずるバルサ制圧に意気揚々と乗り込む。

SPORT

最終更新:5/12(日) 9:01
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事