ここから本文です

朝ドラ「なつぞら」第37回(5月13日)・雪で倒れたなつを助けたのは

5/12(日) 8:00配信

Lmaga.jp

NHK連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』。「なつよ、今が決断のとき」と題した第7週(5月13日~18日)では、ヒロイン・なつ(広瀬すず)がアニメーターになりたいという思いをより一層強く抱く。

【写真】なつを助けた阿川弥市郎と砂良の親子

天陽(吉沢亮)の自宅へ行く途中、吹雪で立ち往生し、倒れてしまったなつ。第37回(5月13日放送)でなつは、命の恩人の素性を知る。

目を覚ましたなつの目に飛び込んできたのは、狩猟生活を思わせる動物の毛皮や猟銃、木彫りの熊や彫刻。人里離れた森の奥で暮らす、阿川弥市郎(中原丈雄)と砂良(北乃きい)親子が、遭難したなつを助けてくれたのだった。見知らぬ人に助けられたと思ったなつだったが、2人とはあることで接点を持っていたことを知る。

本作はアニメーターを目指すヒロイン・なつの「夢と冒険、愛と感動」が描かれる物語。放送は4月1日から9月28日までの全156回。

最終更新:5/12(日) 12:19
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事