ここから本文です

DeNA、大敗で今季ワーストの借金11 京山4連敗、異例の捕手交代も実らず

5/12(日) 16:35配信

ベースボールキング

○ 広島 8 - 1 DeNA ●
<9回戦・マツダスタジアム>

 快勝した広島は貯金1。敗れたDeNAは異例の捕手交代も実らず、今季ワーストの借金11となった。

 DeNAの先発は、今季初勝利を目指す京山。初回、一死一、二塁のピンチを招くと、4番・鈴木に先制3ランを浴びた。2回は先頭の7番・田中広に右前打を許すと、続く曽根の打席で二盗を決められた。さらに、田中は三塁を狙ってスタート。京山はプレートを外し三塁へ送球したが、間一髪セーフとなった。曽根は空振り三振に仕留めたものの、9番・アドゥワには追い込んだあとに痛打。右前適時打で4点目を失った。

 その後も二死一、三塁のピンチを背負うと、DeNAベンチはイニング途中にもかかわらず、先発マスクの戸柱に代え伊藤光を投入。戸柱は今季2度目の先発出場だったが、早くも試合から退いた。

 京山は3回にも先頭の鈴木に左前打を許し、盗塁とボークで一死三塁とされ、6番・磯村に中前適時打を浴びた。今季6度目の先発も、3回7安打5失点と結果を残せず。これで開幕から自身4連敗となった。

 DeNAは打線も、伊藤光の3号ソロによる1得点のみ。広島先発・アドゥワにプロ初完投勝利を献上した。これで3カード連続の負け越し。借金は11に膨らんだ。

BASEBALL KING

最終更新:5/12(日) 16:45
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事