ここから本文です

<トルコ>イスラム女性のスカーフ着用問題(6) エルドアンの「イスラム攻勢」と軍部クーデター未遂  (写真7枚) 玉本英子

5/13(月) 13:45配信 有料

アジアプレス・ネットワーク

◆スカーフ問題が争点化

2016年7月に起きた軍部クーデター未遂事件。反乱派に狙われたエルドアン大統領は、退避先から携帯電話中継でテレビ局にメッセージを送り、国民に抵抗を呼びかけた。(画像はトルコ大統領府発行の「クーデター未遂と国民の勝利」パンフから)

国民のほとんどがイスラム教徒のトルコ。だが長年、女性の公務員や教員の職場でのスカーフ着用は禁じられてきた。憲法が規定する世俗主義に反すると解釈されたためだ。軍部の圧力のもと、のちに大学でも学生が着用を禁じられるようになると、スカーフ問題は大きな政治争点となっていった。(玉本英子・アジアプレス)

ボアズィチ大学当局から構内でのスカーフ不可を通達され、抗議の闘いに立った女子大学生たちを取材したのは2001年。信仰心ゆえに学業断念に直面した女子学生たちの姿は、見ていて胸が痛んだ。
「神を信じる心に、政治が土足で入ってきた。学校ではスカーフを脱げというのは、信仰心が引きはがされる思い」  

大学当局に抗議したゼヘラ・カルカン(19歳・当時)は、苦悩を語った。

その後のトルコは、イスラムと世俗主義をめぐる政治変革や重大事件があいつぐことになる。2002年、総選挙で親イスラムの公正発展党(AKP)が過半数を獲得。翌年、首相に就任したエルドアンは、様々な改革に着手する。イスラム神学校イマム・ハティップ高校からの大学進学を簡素化する教育改正がなされた。ゼヘラはこの学校の出身で、入試前に別途、大学入学資格試験を受けねばならなかったが、その苦労もなくなった。 本文:2,166文字 写真:7枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/16(木) 14:30
アジアプレス・ネットワーク

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る