ここから本文です

【歴代68勝 最強監督が語る甲子園】奇跡が待っていた97年夏の和歌山大会決勝戦

5/13(月) 11:55配信 有料

日刊ゲンダイDIGITAL

2019年のセンバツでベスト4入りした明豊・川崎監督(C)日刊ゲンダイ

【歴代68勝 最強監督が語る甲子園】

 智弁和歌山が初めて夏の甲子園で優勝したのが、1997年。でも、私は甲子園よりもこの年の和歌山大会の決勝戦の方が印象に残っています。

 相手は県立日高中津分校。「分校」とはいえ、西武で活躍した外野手の垣内や、現在DeNAで投げてい... 本文:1,035文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/13(月) 11:55
日刊ゲンダイDIGITAL

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る