ここから本文です

軽減税率導入を前に商店街は?

5/13(月) 19:09配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

今年10月から消費税が10%に引き上げられますが、その中で食料品など一部が8%据え置きになる『軽減税率』が適用されます。
この増税に対応する店側の現状を把握しようと国が視察しました。

熊本市を訪れたのは塩田康一九州経済産業局長です。
こちらの中華料理店では消費税が10%となる店内での飲食と8%となる持ち帰りの両方を扱っていて会計の煩雑さに不安を抱いていました。
「10%用の商品と8%用の商品があって10%か8%になるかはその場で決まるみたいなものもあるってことですね」「煩雑さがあるという?」「その問題もありますね」(塩田九州経済産業局長と店主)

ところで軽減税率は消費者へどの程度浸透しているのでしょうか?
Q.軽減税率って聞いたことある?
「ないです」「知りません」(10代)
「コンビニの中で食べるのと、持ち帰りで税が変わるというの聞いていて複雑な消費税だなと感じてます」(60代)

引き上げまであと4か月半、飲食物を扱う店側と消費者側へのさらなる周知が必要になりそうです。

RKK熊本放送

最終更新:5/13(月) 19:09
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事